スポンサーリンク

東福寺の紅葉 通天橋から望む渓谷に広がる紅葉は圧巻!? 今年は立ち止まっての撮影は禁止だって…

東福寺の紅葉 通天橋から望む渓谷に広がる紅葉は圧巻!? 今年は立ち止まっての撮影は禁止だって…

通天橋から望む渓谷に広がる紅葉は圧巻

毎年ピーク時には1日約3万5000人が訪れる東福寺。25万㎡以上の広さを誇る境内の中でも境内の通天モミジやカエデと呼ばれる紅葉が見られる「通天橋」の眺めは、東福寺一番のビューポイント。その美しさに思わず引き寄せられます。

特別拝観を開催中

紅葉がとても美しいこの時期に、特別拝観を開催しています。通常より30分早い8時30分より通天橋、普門院庭園の拝観ができます。さらに、国指定名勝「東福寺本坊庭園」を特別拝観できます。

スポンサーリンク

東福寺のカエデ

東福寺のカエデは宋国原産の三葉楓で、葉先が三つに分かれていて黄金色に色づくのが特徴です。その珍しさから「秋のすゑ」「洛陽の奇観」として有名なんです。

東福寺の紅葉,通天橋

通天橋での写真撮影を禁止

今年は通天橋での写真撮影を12~30日まで禁止するそうです。毎年橋上で身動きできない事態になっていて、このままでは転落や下敷き事故が起きかねないため、見ごろを迎え人出増が予想される11月12日から実施するそうです。残念ではありますが、安全第一ですから、しかたがないですね。

東福寺の紅葉,通天橋

東福寺の境内のマップをご覧ください。

全体はこのようになっています。黄色で囲っているところが通天橋です。

 

通天橋まで、歩いて行きます。この道もきれいに色づいています。
東福寺の紅葉,通天橋これは昨年2015年11月21日の様子です。
東福寺の紅葉,通天橋昨年はけっこう 紅葉が遅いと言われていたので、21日でちょうどピークだったと思います。
東福寺の紅葉,通天橋
東福寺の紅葉,通天橋光が当たると、ますます色が光り輝きます。
東福寺の紅葉,通天橋小川の上に紅葉がかかっていて風情を感じます。
東福寺の紅葉,通天橋この日は地面にも葉が落ちていました。週間天気予報などをチェックして、雨が降って葉が落ちてしまう前にぜひ見ておきたいですね。
東福寺の紅葉,通天橋

近代日本を代表する東福寺本坊庭園

東福寺には近代日本を代表する作家重森三玲作庭の庭園があります。

東福寺
ここから入って拝観受付します。
東福寺

方丈とは、禅宗寺院における僧侶の住居であり、後には応接間の役割が強くなりました。当初は東福寺方丈「八相の庭」という名称でしたが、2014年に国指定名勝に登録され、改めて「国指定名勝 東福寺本坊庭園」となりました。

近代日本を代表する作庭家・重森三玲により、昭和14年に完成された庭園で、鎌倉時代の庭園の風格を基調に近現代芸術の構成美を融合しています。八相成道といって、釈尊の生涯における八つの重要な出来事にちなんで、東西南北の四庭に八つの造形美を見事に象徴した庭園として四季折々の美しさがあります。

東福寺

こちらは北庭です。勅使門から方丈に向けて敷きつめられていた切石を再利用してできあがったのが北庭の小市松模様の庭園です。まさに西庭の大市松を受けてさらに小さな姿となり、そして東北方向の谷に消えていくという表現方法になっています。

東福寺

東福寺

日本庭園における伝統的な様式(枯山水)、手法(蓬萊神仙思想の表現)、意匠(市松模様)などを用いながら、設計されているのがわかります。

東庭が「北斗七星」、
南庭には四つの神仙島、京都五山、須弥山、
西庭は井田を表した大市松模様、
北庭が苔と板石による小市松

が表現されています。
北斗七星、蓬莱、瀛洲、壺梁、方丈、京都五山、須弥山、市松の八つの意匠を盛り込み、これが釈迦の入滅を表す「釈迦八相成道」にもあたることから、「八相の庭」と名付けられたそうです。奥が深いですね。

本坊庭園

 

番外編

東福寺には、紅葉や庭園だけでなく、よく見るとおもしろいものを見ることができます。たとえば次のとおりです。

日本で最古のトイレ「東司」

室町時代1680年に建立された、木造建築の日本で最古にして最大のトイレがあります。中には入れませんが、東側面から内部をのぞけます。

消火栓の文字

東福寺周辺の消火栓の文字がなんだかレトロでかわいい♡

東福寺の紅葉,通天橋

いかがでしたか?今週の土日は紅葉日和です。ぜひ、紅葉を見に行きましょう。

紅葉情報

大本山 東福寺
(ダイホンザントウフクジ)

例年の色づき始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月下旬~12月上旬
紅葉する木の種類 イロハモミジ、モミジ、トウカエデなど2000本
期間 2016年 11月1日(火)~12月4日(日)
時間 午前8時30分~午後4時(受付終了)
料金 拝観料 各箇所:400円
龍吟庵:大人500円、小人300円

アクセス情報

住所 京都府京都市東山区
本町15丁目778
交通アクセス 【電車】JR・京阪電鉄東福寺駅から徒歩10分
【車】名神高速道路京都南ICから約10分
駐車場 紅葉時期10月25日~12月10日迄は駐車場閉鎖。公共交通機関の利用を推奨
お問合せ TEL:075-561-0087
情報 公式ホームページ


 

(Visited 18 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
error: Content is protected !!