スポンサーリンク

自分に合った手帳選びの秘訣!? 6つのポイント

自分に合った手帳選びの秘訣!? 6つのポイント

手帳選びの6つのポイント

東急ハンズ、ロフト、キディランド、大型書店など文房具を取り扱っているお店ではいろんな手帳があります。

いろんな種類がありすぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね?

そこで、今日は手帳の特徴や選び方、カスタマイズの方法などをご紹介します。

いろんな手帳があってどれを選んだらいいか迷ってしまう人のために、手帳選びのポイントを6つ説明します。

雲と虹のバナー

手帳選びのポイント①
システム手帳か綴じ手帳か

手帳を選ぶ時に、まず考えなければいけないことは、綴じ手帳にするかシステム手帳にするかということです。

手帳,おすすめ

これはパソコンで言えば
・Macを買うのか
・Windowsを買うのか
と、OSを考えるようなもの。

▼システム手帳
手帳,おすすめ
ノートでも、
ノート派 VS ルーズリーフ派
っていうのがあるように

手帳も
綴じ手帳派 VS システム手帳派
(ノート式) VS (リフィル式)
にわけられます。

システム手帳は本体がバインダーのようになっていて、リフィルと呼ばれる用紙部分を自分で自由に交換できるようになっています。リフィル式とも呼ばれています。

システム手帳(リフィル式)の最大のメリットは、自由にリフィルを変えれるという点です。

市販のリフィルがいろいろ販売されているので、自分好みの用紙を自由に組み合わせることができます。

綴じ手帳(ノート式)の良い点はバラけず、どこでも開きやすいという点です。
手帳,おすすめ

システム手帳(リフィル式)と綴じ手帳のどちらもそれぞれにメリット・デメリットがあります。

それを簡単にまとめてみました。
まずはシステム手帳から見てみましょう。

システム手帳(リフィル式)

手帳,おすすめ

 

◆こんな人におすすめ!
・自分にあったリフィルを揃えて使いたい
・ページを自由に入れ替えたい
・使いたいページだけ持ち歩きたい
・いろんな資料も挟み込みたい
・年度を越えても、
使いたい資料を持ち運びたい
・いらないページを捨てたい

 

いろんな資料を一緒にファイルしたい時はこちらの穴あけパンチを使って穴を開けます。

 

デメリット

・リフィルを思ったほど増やせない
・レザーの手帳はかっこいいが重い
・軽いものはおしゃれなものがない
・リフィルを揃えると意外とコストがかかる
・かさばる
・入れ替え自由なゆえに中身がバラバラになる可能性大。

※実際は、大きさによっても、メリット・デメリットは変わってきます。

次に綴じ手帳を見てみましょう。

綴じ手帳

手帳,おすすめ

◆こんな人におすすめ!
・携帯しやすい手帳を使いたい
・どこでも取り出しやすい手帳がいい
・かわいい手帳を使いたい
・コストがかからないほうがいい
・年度ごとにまとめておきたい

 

デメリット

・決められた枠しか使えない
・ページを自由に変えられない
・常に1年分を持ち歩かないといけない
・メモできる量が限られてしまう
・使わない月の分まで持ち歩かないといけない

どちらにもメリット・デメリットがあります。

スケジュール管理に綴じ手帳を1冊、ノートとして使うのにリフィル式のノートを1冊と2冊を持ち歩くのがおすすめです。ノートはメモや、まとめノート、マニュアル、勉強ノート、資料などを自由にページを足したり、入れ替えたりできるので便利です。

スポンサーリンク

雲と虹のバナー

手帳選びのポイント②
始まり月で選ぶ

手帳って、欲しい!と思ったときにすぐ使いたいもの。最近では1月始まりだけでなく、4月始まり、9月始まり、10月始まりなどもあり、メーカーによって、2月、3月、7月、12月始まりの手帳なども販売されます。

手帳,おすすめ

システム手帳は基本的に、使いたい月から使うことができます。でも、綴じ手帳だと、そういうことができないから、システム手帳以上にいつ始まりかはとっても重要です。

どの月始まりがいいかは使う人次第。新年から使いたいって人は1月始まりがいいだろうし、学生や学校の先生なら4月始まりがいいでしょう。

毎年、進化している手帳にわくわくしますが、やっぱり、1月始まり(12月始まり)が圧倒的に種類が多いです。じっくり選んで買いたい人は、自分が使いたい始まり月の1ヶ月ぐらい前からいろんな手帳を見てから選びたいものですね。

フランクリー手帳は1月始まりと7月始まりがあります。
手帳,おすすめ

フランクリン・プランナーは予定を書き込むだけの手帳とは違い、自己啓発のための手帳でもあります。

フランクリン・プランナーにはこのような特徴があります。
◆見開きで1日のスケジュールを管理できます。
大切な約束、やるべきタスクの抜け漏れがなくなります。
◆会社、家族それぞれでの役割ごとにタスク項目があり、バランスよく時間配分ができます。
◆目の前のスケジュールだけではなく、価値/ミッション/役割を洗いだすことで、
長期的な目標の立案や優先事項やタスクの設定ができます。
自分自身の価値観を発掘することによって、「最も大切なこと」を発見できます。

こんな方に向いています。
・ビジネスパーソン
・ワーキングマザー
・自己管理が大切な個人事業主
・新社会人
・役員
・マルチな活動をしている人

本屋さんに置いているような、ビジネス書の著者などがプロデュースした手帳などは、ほとんど1月始まりが多いです。

これはLIHE HACK PLANERという手帳です。バーチカルで、時間軸が見やすいので時間管理をきっちりしたい方におすすめです。
手帳,おすすめ
中身が充実してて、使いやすい。
手帳,おすすめ

▼こちらはリフィルです。

▼こちらはハードカバーです。

雲と虹のバナー

手帳選びのポイント③
サイズで選ぶ

手帳,おすすめ

どんなにかわいい手帳でも、大きすぎてバッグに入らない重くて持ち歩けないとなると、なかなか使わなくなってしまいます。

だから、次に手帳を選ぶ重要なポイントは、サイズですね。

TO DOリストやお買い物リストなどはスマホを使って、外出先で気軽に確認できるようにして、手帳はじっくり書き込むときに使うということもできます。

持ち運び携帯用とデスク用によってサイズも変わってきます。

自分にとって使いやすいサイズを選びましょう。

サイズを選ぶときに次のことを考えてみましょう。

◆手帳のサイズを選ぶポイント
・手に持って重くないか
・よく持ち歩くのか、一定の場所で使うのかを考える
・何を記入して、どこで開くのか使途を考える
・自分の普段使ってるバッグに入るか
・バッグから取り出しやすいか
・コスメやお財布などと持ち歩いても重くないか

携帯するなら、持ち運びやすい小さいサイズがいいですし、デスクにおいて使うなら、大きめでもOK。男の人にはそう問題ではなくても、女の子にとって重さはやっぱり重要です。

お買い物リストなどを書いて使いたい人はお店でバッグから手帳をさっと取り出して、さっと開けるのか、メモできるのかとかいろんな状況を頭の中でしっかりシミュレーションしてみましょう。

あな吉手帳などA5サイズの手帳など、主婦の間で流行りましたが、スーパーでそういうでっかい手帳を開いてる人はあんまりみたことないですもんね。
雲と虹のバナー

手帳選びのポイント④
中身で選ぶ

手帳,おすすめ

手帳を買うとき、昔で言うCDのジャケ買いのように表紙で選ぶって人多いと思います

それはとっても重要なこと。だって手帳はいつも自分のそばに置いておくものですからね。自分の好きなデザインのものを選ぶのは当然です。

そして大事なのが中身。

中身といっても大きく2つの軸があります。

まずは仕様

手帳は下記のように、大きくわけて4つのパターンがあります。

・マンスリータイプ
・ホリゾンタルタイプ
・バーチカルタイプ
・デイリータイプ

マンスリー

マンスリーは薄くて軽くて持ち運び便利。月ごとの予定がざっと一目でわかるので、便利です。

ホリゾンタルタイプ

ハッピーメイクダイアリーなどはホリゾンタルタイプです。右側が自由に書けるスペースがあるので、使い方いろいろ。

中身をどう使いたいかによって、どれを選ぶべきか変わってきます。

もう1つの中身を選ぶ軸というのがコンテンツ。コンテンツというとキャラクターものも含まれます。

ディズニー、キティちゃん、リラックマ、ケアベアなどのキャラクターが全ページイラストが掲載されてたりいろんなキャラクターものが発売されていますよね。

自分が好きなキャラクターの手帳だと持ってるだけで幸せな気分になる全ページ違うデザインになってたりするからわくわく感もあります。

キャラクターだけでなく、ほぼ日手帳やハッピーメイク手帳やビジネス書などの著者がプロデュースした手帳などは、中のコンテンツがとっても充実しています。

朝活手帳や、自分手帳、営業手帳、LIFE HACK手帳などいろいろ出てますよね。株式手帳や合コン手帳、マンガ手帳なんてものもあります。

こちらは週末野心手帳です。

この『Weekend Wish Diary 週末野心手帳 2017』は、自分の小さな野心(wish)をかなえていくというコンセプトのもと、作られた手帳です。「ウィッシュリスト」や「自己分析&ビジョンマップ」「2017年の野心」の書き込みなど、スケジュール帳としてはもちろん、目標を達成したり夢をかなえたりするツールとしても活用できる新しいカタチのダイアリーです。

いい女.diaryというものもあります。

ピンクの表紙に手帳の中身もとても可愛く、コラムやメッセージもためになりそう。表紙は、カバーが取り外し可能なものであれば自分のお気に入りのものに付け替えることができるから、まずは中身優先で選ぶのがおすすめです。

雲と虹のバナー

手帳選びのポイント⑤
インデックスで選ぶ

手帳,おすすめ

手帳の使いやすさで重要視したいポイントとして、インデックスがついているかどうかというのも見ておきましょう。(綴り手帳)

だってインデックスがあるかないかで、使い心地がぜんぜん違います。インデックスはあるにこしたことはないはないです。

こういうカラフルなものも元気がでるし、月別に色が違うから探しやすい

手帳,おすすめ

インデックスなしでも、インデックスシールを貼るとかおしゃれなマグネットクリップを使るとか代用案はいろいろあります。

▼インデックスシールを使っている
手帳,おすすめ

インデックスシールは最近かわいいものが増えています。一つ欠点があるとしたら、バッグの中で折れたりするところです…。

 

▼マグネットクリップもかわいい
手帳,おすすめ

今週使うページにこのマグネットクリップを挟んでおけば、そのページがすぐにわかるので便利です。

だけど、意外と重いので、これを何個もつけるわけにはいきません。

だから、インデックスははじめからついているにあるにこしたことはない。

綴じ手帳だけじゃなくて、システム手帳でいえば、インデックスのデザインも大事。

ルーズリーフだとカラフルでかわいいものがあるのにA5サイズの6穴のファイルなんかはかわいいインデックスがあんまりありまんせん。

下記のASHFORDのインデックスをご覧ください。

▼少し、おじさんっぽい…。
A5,6穴システム手帳,インデックス

可愛いインデックスがなさすぎて原因で、ルーズリーフに移行したくなることも度々。

いつか改善されるだろうと2,3年待ったけどちっともいい商品が出てきません。

そこで、自分でカスタマイズしてみたのがこれ。
A5,6穴システム手帳,インデックス

▲上のインデックスの1枚目はグレーですが、2枚目のイエローから使えばイメージが変わり明るい印象になります。

イエローのインデックスに、スティックシールや普通のシールでを貼ってカスタマイズしたりもできます。

UNITED BEESからこんなインデックスが販売されています。
手帳,おすすめ

ルーズリーフ(A5サイズ)だとこういうインデックスもあります。

▼半透明のパープルピンク
手帳,おすすめ

▼こちらはカラーごとに色分けして分類できます。
手帳,おすすめ

下記のアシュフォード_ASHFORD
HB×WA5サイズのインデックスは個性的です。
手帳,おすすめ
▲インデックス部分が丸くてかわいい♡
写真じゃちょっとわかりんくいけど、黒と白の丸が交互になっています。

ミニ6穴(A7)は、こういうデザインもあります。
手帳,おすすめ
▼100均ショップでキティのインデックスも販売されています。
手帳,おすすめ


 

雲と虹のバナー

手帳選びのポイント⑥
表紙で選ぶ

そして、最後の手帳選びのポイントは表紙。
手帳,おすすめ

お店で手帳を選ぶ時、普通、まずは表紙を見て自分がかわいいと思うもの、目に入ったものを手にとってみましょう。

手帳って、表紙がこれで…、中身がこれで…インデックスがついてるものだったら最高なのに…っていうことがよくあります。そういう時は、自分でカスタマイズしましょう。

たとえば、中身はとっても充実してるけど、カバーが気に入らないんだったら、カバーを変えたらいい。

▼たとえば、この手帳Happy Plan Schedule(A6)
手帳,おすすめ

カバーの色がなんと、ゴールドでキンキンなんだか、風水の人がプロデュースしている手帳のようでちょっとはずかしくて人前で出せなかったりする。
手帳,おすすめ
だけどこの手帳は、バーチカルで、案外薄くて月ごとにインデックスもついて、ページがカラフルで、とても使いやすい。
手帳,おすすめ

こういう時、これまでに買った手帳のカバーにつけかえたり、ブックカバーを使ったりしてもいいですよ。
1年間通して同じ表紙も使ってるとだんだん飽きてくるしちょっと気分を変えたいときにも、とっても便利。

こういう透明カバーをつけるのもいいですね。
手帳,おすすめ

少し大きさがあっていないのが残念…

これはほぼ日のカスタマイズ用の透明カバー。透明に白で絵柄がついてるから、無地の手帳をかわいくできます。(値段も300円とかなりリーズナブル)

手帳,おすすめ

手帳,おすすめ
本来、ほぼ日で使うものだから、サイズがちゃんと合うか、確認しましょうね。

また、カバーつきの表紙を選ぶ時にもう1つ見ておきたいチェックポイントはボタンや留め口があるかどうかということです。
手帳,おすすめ
ないと、バッグの中でくしゃくしゃになったりしてしまいます。

手帳の性質によって、必要があるかどうかも変わってきます。

▼たとえば、これはクーリアのハッピーメイクダイアリー2011
手帳,おすすめ

(週間ホリゾンタル・レフトタイプ)
コンテンツたっぷりでそこそこ分厚いから、留めれる差込型の留め具つきのカバーのほうがいい。

▼これはMark’sのマイ・スタイル・アジェンダ2012(A6)
手帳,おすすめ

(週間バーチカルタイプ)
ハッピーメイクダイアリーと同じ週間タイプだけど、紙が薄くてそんなにかさばらないから留め具やボタン、バンドなどはなくても問題ない。

もともと留め具やボタンが手帳についてなくても留め具が欲しければ、今ではバンドや、シールで簡単につけられるボタンがついたベルトシールなんかも販売されています。
手帳,おすすめ

バンドだとはずしている間は、どっかにいってしまう可能性もあります。
手帳,おすすめ

手帳,おすすめ
この手帳は、白い部分がカスタマイズしたボタン。わざわざ開けないといけないから、少し面倒。

その点、Mark’s Editはバンドがはじめからついてるから、とっても使いやすい。
手帳,おすすめ

(▼左は使用後 右は使用前▼) 手帳,おすすめ普通に使ってたらそういうことはないから、しっかり留めれるので便利です。

▼マークスのEditシリーズの手帳

手帳の中身は基本、自分だけが見るものだから自分が使いやすいものを重視して選びましょう。表紙は他人にも見える部分なので、服を選ぶ時と同じ感覚で選びます。

例えば、仕事で使う手帳なら、システム手帳や高級カバーを使うのも有効です。
手帳,おすすめ
このシステム手帳、重くて持ち歩くのは大変だけど、会社用として大事な打ち合わせや面談などのときには、便利です。
手帳,おすすめ
このシステム手帳の6穴部分にはメモが書けるように、リフィルを装着。
手帳,おすすめ
後ろの内ポケットに市販のA6サイズのバーチカル手帳を挟んで使っていました。

スケジュール帳とノート(メモ)をドッキングさせた手帳です。

荷物を軽くしたいときはスケジュール手帳だけをはずして持ち歩けるので、便利です。

どうですか?
手帳を選ぶ6つのポイント、つかめましたでしょうか?

毎年かわいい表紙が次々出て目移りしそうになりますが、とことん迷って自分にぴったりの手帳を見つけてください。

(Visited 507 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
error: Content is protected !!