スポンサーリンク

「あいつのラーメン かたぐるま」の旨いラーメン食べてみた。京都ラーメン部門では第1位の名店 「俺のラーメン あっぱれ屋」の弟子のお店ってよ!?

「あいつのラーメン かたぐるま」の旨いラーメン食べてみた。京都ラーメン部門では第1位の名店 「俺のラーメン あっぱれ屋」の弟子のお店ってよ!?

「あいつのラーメン かたぐるま」の旨いラーメン食べてみた

京都ラーメン部門では第1位の山城の名店!「俺のラーメン あっぱれ屋」。そのあっぱれ屋で修業を積まれた店主様が2014年5月24日に京都市内に独立開業。その名も「あいつのラーメン かたぐるま」。「肩車をして子供たちが大きくなるまで育てたい」との店主の思いが詰まった店名です。

全国のラーメンランキングでもいつも上位に出てくる『俺のラーメン あっぱれ屋』ですが、京都といっても、城陽付近の宇治田原にあり公共交通機関で訪問するにはけっこう大変な場所にあります。

それに比べると、こちらのお店はまだ行きやすい場所にあります。場所は、ちょうど五条と七条の間くらいのところにある御前花屋町の交差点北東。電車で行くなら最寄駅はJR丹波口駅になりますが、駅から徒歩で15分ほどかかる微妙な距離があります。

あいつのラーメン かたぐるま,お店の外観

スポンサーリンク

ここがお店です。
あいつのラーメン かたぐるま,お店の外観かたぐるまの店名が書かれたのれんがかけられています。
あいつのラーメン かたぐるま,お店ののれんあいつのらーめんと上にも看板が。
あいつのラーメン かたぐるま,お店の看板小さな窓から中が見えます。
あいつのラーメン かたぐるま,お店の窓

こちらはメニューです。ラーメンは、基本塩ラーメンのみの提供のようでおすすめのこくとんと、マニア仕様の濃い濁とんという2種類があります。
あいつのラーメン かたぐるま,お店の外に置いているメニュー
20食限定の「うるとらつけ麺」は残念ながら売り切れでした…。

外に待合席があります。
あいつのラーメン かたぐるま,待合席(店外)

待っている間の注意書きが書かれています。

あいつのラーメン かたぐるま,駐車場の案内

店内のほうへ次々案内されます。ここでも、少し待ちます。
あいつのラーメン かたぐるま,待合席(店内)
カウンターの後ろの席が待合席です。

メニューを見せながら、オーダーをとってくれます。
あいつのラーメン かたぐるま,メニュー

◆ おしながき
《おすすめ》
*こくとん塩ラーメン (750円)
*こくとん塩チャーシューメン (1000円)《マニア向け》
*濁とん塩ラーメン (800円)
*濁とん塩チャーシューメン (1050円)
※大盛1.5玉は無料です
*うるとらつけ麺(20食限定)(950円)

今回は
《おすすめ》メニューの「こくとん塩ラーメン」
(750円)大盛り1.5玉と
《マニア向け》の「濁とん塩チャーシューメン」
(1050円)を大盛り1.5玉をオーダーしました。

L字型カウンター席のみの店内。壁には子供が描いた絵も飾られており、どこかほっとします。
あいつのラーメン かたぐるま,店内の様子

店内の柱に関西ラーメンダービー2016の準優勝を証明する丸いポスターが貼られています。
あいつのラーメン かたぐるま,店内の柱に関西ラーメンダービー2016の準優勝を証明する丸いポスターが貼られている

この日は大将の他に、男性1名、女性1名で切り盛りされていました。客層は、部活帰りの高校生から、20・30・40代くらい各カップルなど多彩です。

オープンキッチンを囲むエル字型カウンター席で、調理されていく過程を眼の前で楽しめます。
あいつのラーメン かたぐるま,店内カウンター席

かざぐるまのスタッフさんの後ろにもロゴがしっかり入っています。
あいつのラーメン かたぐるま,

席に案内されると、お水をいただけます。
あいつのラーメン かたぐるま,水が入ったコップがカウンターに置かれている
調理場が目の前で、清潔感があります。
あいつのラーメン かたぐるま,寸同が2つコンロに置かれている

寸同がコンロに置かれています。
あいつのラーメン かたぐるま,寸同が2つコンロに置かれているアップの画像

謎の機械装置もあります。
あいつのラーメン かたぐるま,キッチンの謎の機械装置
こちらが麺です。
あいつのラーメン かたぐるま,麺が入ったタッパーが厨房内のテーブルに置かれている

麺を湯搔くスペースです。
あいつのラーメン かたぐるま,麺を茹でる場所

冷蔵庫から取り出したチャーシューの塊がどーんと置かれています。これはすごい…。
チャーシューの塊が4本どーんと置かれている

調理は、基本、お店の大将一人でされているようです。ラーメンを待っている間に、厨房の大将の仕事ぶりを眺めているだけで面白いです。

チャーシューをスライスしている様子

スライスしたチャーシューをラーメンの器に盛り付けている様子

ミキシング中。
あいつのラーメン かたぐるま,天井から吊るされた装置で泡を立てている様子

ラーメン鉢を予め熱湯で温めていたり、ミキサーでスープをかき回したり、寿司屋さんでのカウンター席のようなライブ感が味わえて、手さばきから所作の一つ一つが芸術的です。

濁とん塩チャーシューメン: 1050円

濁とん塩チャーシューメンがきました。ヴィジュアルは迫力満点ですね。分厚いチャーシューの存在感がすごい。麺がほとんど見えません。
あいつのラーメン かたぐるま,濁とん塩チャーシューメン
赤の丼にレアチャーシューの花びらが満開に咲いています。美しい盛り付けが素敵です。レアチャーシューたっぷり、迫力ありますねー!
濁とん塩チャーシューメンアップ写真
このようにローストビーフのようなレアチャーシューが花弁状に一面に並べられています。

濁とん塩チャーシューメンさらにアップ写真
あいつのラーメン かたぐるま,チャーシュー

泡立つスープは白濁。濁とん塩ラーメンのスープは、濃厚でまったりした濁とんこつなんですが意外や意外…。
あいつのラーメン かたぐるま,スープをれんげですくっているところ
クリーミーでポタージュのようにマイルドです。それでいてしっかりとコクがあります。この程よいこってり感がいいんですね。

そこに魚の粉の香りがふわっと香ります。

あいつのラーメン かたぐるま,麺

濁とん塩チャーシューメン、食べ終えました。
あいつのラーメン かたぐるま,濁とん塩チャーシューメンを食べ終えたところ

マニア向けと書かれていたので、どんなものかと身構えてしまいましたが、美味しかったです。


こくとん塩ラーメン: ¥750

こちらはこくとん塩ラーメンです。白の丼でやって来ました。大盛1.5玉でも無料なので、大盛にしました。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン

トッピングは、チャーシュー2枚、煮抜き半玉、太めのシナチク、刻み青葱。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメンアップ写真

このチャーシュー、色が赤っぽくて、美味しそう!レアチャーシュー最近流行ってますね。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,チャーシュー
イタリアンかフレンチのオードブルに出てきそうな、パストラミ風にブラックペッパーなどの香辛料が効いた、チャーシューです。

あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,チャーシュー横からの断面写真
食べるとジューシーで肉の風味もあって肉質がしっかり味わえる感じで美味しい。よくある、トロトロのチャーシューではなくて、弾力があってお中元やお歳暮でいただく高級ハムのような贅沢な味わいがします。そのため、けっこうジューシーですが、けっこうな量を食べても気持ち悪くならないのが嬉しいです。

チャーシューが冷たいのですが、ラーメンに使っている間にあたたまってきて、色も赤みの色から白っぽいチャーシューの色へと徐々に変化していきます。この変化も味を飽きさせないコツなんですね。

麺は平打ち肉厚の中太麺。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,麺
表面ツルツル・モチモチでパスタのような食感で、スープが良く絡みます。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,麺

塩ダレこくとんは、あっさりしていて食べやすいです。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,スープをれんげですくっているところ,
けっこう食べ応えあります。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,麺をお箸で持ち上げているところ,
もちもちしていて、軽くウエーブがかっています。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,麺をお箸で持ち上げているところのアップ写真

刻み青ネギは、細ネギタイプ。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,青ねぎ
小さくて細いのに、香りがいいです。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,青ねぎのアップ写真

極太メンマは、柱のように大きめにカットされていて、肉厚。歯ごたえがいいです。ほんのり味付けもされていてこれがまた美味しい。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,メンマ

煮玉子もほんのり味付けされていて、とろっとした半熟な状態です。黄身の色が最高です。
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメン,ゆで卵

こしょうオイル

途中から卓上に置かれたこのこしょうオイルを入れてみましょう。

あいつのラーメン かたぐるま,シルバーの入れ物に入ったこしょうオイルがカウンターテーブルに置かれている
入れすぎ危険と書かれています。
あいつのラーメン かたぐるま,シルバーの蓋がついて両手の取っ手がついた入れ物にこしょうオイルが入っている
コショウのオイルで味がどう変わるんでしょうか。
あいつのラーメン かたぐるま,こしょうオイルが入った入れ物にスプーンを入れている様子

あいつのラーメン かたぐるま,こしょうオイルをスプーンすくっている様子

こんな感じになっています。
あいつのラーメン かたぐるま,こしょうオイルをスプーンすくっている様子

入れすぎ危険と書かれているので、少しだけ入れてみましょう。
あいつのラーメン かたぐるま,こしょうオイルをスプーンでラーメンに入れようとしている様子

あいつのラーメン かたぐるま,こしょうオイルをスプーンでラーメンに入れようとしている様子

こしょうオイルがいい感じでぴりっとアクセントになります。引き締まった味に切り替わり、味の変化が楽しめます。
あいつのラーメン かたぐるま,こしょうオイルがラーメンに入っている様子

あぁ美味しい!
あいつのラーメン かたぐるま,こくとん塩ラーメンを食べ終えたところ

驚くことに食べている間、スープが熱々で冷めないんですね。最後まで熱いスープ、お見事です。大将が器を熱々の機械から取り出していたのを見て、こういうところにちゃんと意味があるんだなぁと感心しました。

こしょうオイル入れたせいかどんどん美味しくなっていき、気がつけば完汁。

こくとん塩ラーメンは後味の塩がすっきりとさせています。一つ一つがちょうどいい塩梅で仕上がっていて、それが見事にバランスよく構成されて完成度の高いラーメンです。人気店になるのも納得です。

駐車場

車で来た場合、駐車場があるので、そちらを利用することもできます。(満車の場合は少しはなれたコインパーキングを使うしかありませんが。)

店の前の交差点を渡って、西側に広い駐車場があります。ここに5台分のかたぐるまの客専用の駐車スペースがあります。
あいつのラーメン かたぐるま,駐車場
京都市内で、ちゃんと専用駐車場を確保していただいているのは、とてもありがたいことですね。
あいつのラーメン かたぐるま,駐車場

23・25・29・30・31の黄色い番号に停めることができます。
あいつのラーメン かたぐるま,駐車場,29、30、31番が記されている

29、30、31番が記されています。
かたぐるまと書いてありますね。
あいつのラーメン かたぐるま,駐車場,かたぐるまと記されている
ここは31番。
あいつのラーメン かたぐるま,駐車場,31番が記されている

こちらは30番。
あいつのラーメン かたぐるま,駐車場,30番が記されている

少し離れて、23番と25番が記されています。
あいつのラーメン かたぐるま,駐車場,25番が記されている

感想

京都ラーメン部門では第1位の山城の名店!「俺のラーメン あっぱれ屋」で修業を積まれた店主が京都市内にあいつのラーメン かたぐるま」を独立開業。「スープは豚骨ベースの魚介塩味。麺は平打ちの極太ストレート麺。具は肩ロース肉のチャーシュー,ネギ,メンマ,煮玉子を使用。

豚骨出汁に魚介出汁を合わせたスープに適度の油分をもたせ、胡椒風味をアクセントに、引き締った塩ダレでキレのある味わいで、豚骨の旨みとコクのある仕上がりになっていました。麺は自家製麺でもっちりとした食感でスープとよく絡んで頂けます。大盛り1.5玉は無料となっていていて、とってもお得です。大ぶりのレアチャーシュー、肉の旨みがよく味わえとても美味しく頂けました。

ぜひ、一度京都の美味しいラーメンを食べてみてください。

店舗情報

あいつのラーメン かたぐるま

住所 京都府京都市下京区西七条西八反田町77
ガーディアンズ青山 1F
アクセス JR山陰本線 丹波口駅徒歩12分
丹波口駅から607m
連絡先 TEL:非公開
営業時間 10:30~14:00
18:00~21:00
休日 日曜日
情報 公式サイト

(Visited 3,000 times, 5 visits today)
スポンサーリンク
error: Content is protected !!