スポンサーリンク

「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」の傑作が一挙公開!巨匠ティツィアーノの《受胎告知》は見逃せない!

「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」の傑作が一挙公開!巨匠ティツィアーノの《受胎告知》は見逃せない!

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

◆国立国際美術館 大阪・中之島
日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち2016年10月22日(土)―2017年1月15日(日)

ヴェネツィアの美術アカデミーが所有していた作品をもとに1817年に開館した、アカデミア美術館の優れた作品群を紹介します。ジョヴァンニ・ベッリーニからカルパッチョ、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼまで、名だたる巨匠たちの傑作が一堂に会します。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

国立国際美術館

国立国際美術館,中之島
国立国際美術館,中之島

イタリア・ヴェネツィアの至宝を公開するにふさわしい『水都』大阪・中之島での開催です。農作物や海産物などを船で運搬していた時代、町の中の隅々まで船で運搬できた効率の良さから、大阪の商業が著しく発達したと言われています。ルネサンス時代に海洋貿易で発展したヴェネツィアに、通ずるものがありますね。

アクセス

場所は京阪電車中之島線・中之島駅から徒歩3分です。

国立国際美術館,中之島,マップ

[電車]
京阪
中之島線 渡辺橋駅(2番出口)より南西へ徒歩約5分
淀屋橋駅(7番出口)より土佐堀川を越え西へ徒歩約15分
地下鉄
四つ橋線 肥後橋駅(3番出口)より西へ徒歩約10分
御堂筋線 淀屋橋駅(7番出口)より土佐堀川を越え西へ徒歩約15分
JR
大阪環状線 福島駅/東西線 新福島駅(2番出口)より南へ徒歩約10分
大阪駅より南西へ徒歩約20分
阪神
福島駅より南へ徒歩約10分
阪急
梅田駅より南西へ徒歩約20分

[バス]
中之島ループバス「ふらら」
淀屋橋駅(4番出口)西へ100メートル「淀屋橋」(土佐堀通/住友ビル一号館前)より「市立科学館・国立国際美術館前」下車すぐ
※平日のみ運行
市バス

JR大阪駅前より53号・75号系統で「田蓑橋」下車、南西へ徒歩約3分
美術館には専用駐車場はありません。ご来館は、電車・バス等をご利用ください。

スポンサーリンク

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちの半券を見せると、「ポンペイの壁画展」と「若沖の京都 KYOTOの若沖」も100円割引されます。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

地下に降りて行きます。
国立国際美術館,中之島

この天井が中之島の国立国際美術館の特徴です。
国立国際美術館,中之島

国立国際美術館,中之島

前売り券で購入されていない方は、ここでチケットを買います。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

観覧料

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

当日 前売・団体
一 般 1,500円 1,300円
大学生 1,200円 1,000円
高校生 600円 400円
  • 観覧料金は税込みです。
  • 団体は20名以上
  • 中学生以下は無料
  • 心身に障害のある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)
  • 同時開催の「THE PLAY」展もご覧いただけます
  • 前売券は、7月15日(金)から10月21日(金)までの販売

地下へ

さらに下に降りていきます。
国立国際美術館,中之島

音声ガイド

音声ガイドは540円で借りれます。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,音声ガイド
石坂浩二さんが、ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち、そして名画のテーマや見所を分かりやすく案内してくれます。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,音声ガイド
スペシャルコンテンツとして、本展のためにヴェネツィアの地を訪れた石坂さんのヴェネツィア紀行、そしてイチオシ作品のボーナス解説もされています。

辻井伸行氏が本展開催を記念して作曲された公式テーマ曲《ヴェネツィアの輝き》も収録されています。

ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来するといわれるショパンの《舟歌》に感銘を受けていた彼が、2012年に、水の都ヴェネツィアの海の音や街の歴史に思いを巡らせ、作曲した《ヴェネツィアの風に吹かれて》。それから4年。飛躍を続ける彼の指先から新たに奏でられるピアノの音色によって、ヴェネツィアの街並みが想像しながらゆったりと絵が見れるのもよかったです。


ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

アカデミア美術館は、ヴェネツィアの美術アカデミーが管理していた諸作品を礎として、1817年に開館。14世紀から18世紀にかけてのヴェネツィア絵画を中心に、約2000点を数える充実したコレクションを有しています。今回のこの展覧会は日本とイタリアの国交樹立150周年を契機として、アカデミア美術館の所蔵品による国内初めて実現した展覧会です。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

テーマは、ルネサンス期のヴェネツィア絵画。
ルネサンス発祥の地であるフィレンツェの画家たちが、明快なデッサンに基づき丁寧に筆を重ねる着彩、整然とした構図を身上としたのに対して、ヴェネツィアの画家たちは、自由奔放な筆致による豊かな色彩表現、大胆かつ劇的な構図を持ち味とし、感情や感覚に直接訴えかける絵画表現の可能性を切り開いていきました。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

こちらの展覧会では、選りすぐられた57点の名画によって、15世紀から17世紀初頭にいたるヴェネツィア・ルネサンス絵画の展開を一望します。ジョヴァンニ・ベッリーニからクリヴェッリ、カルパッチョ、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼまで、名だたる巨匠たちの傑作が一挙公開。また、ヴェネツィア盛期ルネサンス最大の巨匠ティツィアーノが晩年に手がけた祭壇画の大作《受胎告知》(サン・サルヴァドール聖堂)が特別出品されることも、本展の大きな見どころです。

ヴェネツィア絵画の歴史のなかでルネサンス期に焦点を絞った展覧会は、国内ではほとんど例がありません。この貴重な機会に、水の都ヴェネツィアのルネサンスを彩った名画の数々を、ぜひご堪能ください。

 

第1章 ルネサンスの黎明
15世紀の画家たち

ヴェネツィアのルネサンス美術は、フィレンツェよりも少し遅れて1440年頃に始まりました。

その中心となったのが、ベッリーニ一族とヴィヴァリーニ一族の二大工房です。フィレンツェの先進的な美術の刺激を受けて、現実的な空間と人間的感情の表現を身につけた画家たちは、そうした表現力をヴェネツィア独自の豊かな色彩による装飾的趣味と融合させていきます。また、シチリア出身の画家アントネッロ・ダ・メッシーナによって、深味のある彩色を可能にする油彩の技法がもたらされたことも、大きな出来事でした。こうしたヴェネツィアの初期ルネサンス絵画を代表する最大の画家が、詩的な聖母子像を数多く描いたジョヴァンニ・ベッリーニです。また、宗教的主題のなかに当時のヴェネツィアの風俗を見事に描き出したヴィットーレ・カルパッチョ、七宝のような艶やかな色彩で独創的な宗教画を数多く描いたカルロ・クリヴェッリなど、個性豊かな画家たちを紹介します。

ジョヴァンニ・ベッリーニ
《聖母子(赤い智天使の聖母)》

入室して一番最初に視界に飛び込んでくるのは、本展のポスターなどにも使用しているこの《聖母子(赤い智天使の聖母)》。『ヴェネツィア派』を確立した巨匠、ジョヴァンニ・ベッリーニの代表作の一つです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,ジョヴァンニ・ベッリーニ,聖母子(赤い智天使の聖母)(ヴェネツィア、アカデミア美術館蔵)

15世紀後半、ヴェネツィア初期ルネサンスを代表する画家ジョヴァンニ・ベッリーニは、祭壇画や肖像画を得意としたほか、詩情豊かな聖母子像を数多く描きました。本作はその代表的な作例の一つです。

 

第2章 黄金時代の幕開け
とその周辺

16世紀の初頭、二人の若い画家によってヴェネツィア絵画に革命がもたらされます。ジョルジョーネとティツィアーノです。先輩画家ジョヴァンニ・ベッリーニの豊かな色彩表現を受け継ぎながら、彼らはフィレンツェ派のレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロからも刺激を受けつつ、真にヴェネツィア独自といえる絵画の伝統を創始しました。その本質は、光と影の効果や色彩の調和に対する素晴らしい感覚にあります。彼らはこうした表現力を駆使することで、柔らかい光に包まれた風景や官能的な女性像を若々しい詩的な感性で描き出し、ヴェネツィア絵画の黄金時代を現出させました。この章では、ティツィアーノのいくつかの作品のほか、ジョルジョーネの影響を色濃く示すアンドレア・プレヴィターリの《キリストの降誕》やサヴォルドの《受胎告知》、「横たわる裸婦」の系譜に連なるパリス・ボルドーネの作品などが出品されます。

こちらが一番の見所の絵です。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
《受胎告知》

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,(ヴェネツィア、サン・サルヴァドール聖堂蔵)

理屈をこねるより、まず作品の前でその迫力を感じてください。ティツィアーノ晩年の最高傑作《受胎告知》です。

サルヴァトール聖堂のごとき、神聖な雰囲気が。ずっとここで絵を見ていたくなります。ここで辻井さんの曲を聴きながらゆっくり、じっくり見るのがおすすめです。とっても大きくて迫力があります。とても晩年に描いたと思えないようなダイナミックさと緻密さが感じられます。

この絵はヴェネツィアでみると高い場所に展示されているので、下から見上げる感じになるそうですが、ここ大阪の国立国際美術館での展示は低めに展示されています。目の前にほぼ等身大のマリア達が見られます。これはこの展示会の特権ですね。

ティツィアーノとは

16世紀・盛期ルネサンスのヴェネツィア画壇の第一人者として君臨したティツィアーノ。この巨匠の晩年を代表する作品の一つが、サン・サルヴァドール聖堂の右側廊の祭壇を飾る大作《受胎告知》です。

当時、貴族や裕福な市民は、聖堂内の祭壇の保有権を寄進によって獲得し、一族の墓所とすることがありました。本作も、こうした手段で祭壇を入手した裕福な商人の注文によるもので、ティツィアーノは、「キリストの受肉」、すなわち、神の子キリストが肉体をまとい、人の子イエスとしてマリアに宿る「受胎告知」の瞬間を描くように依頼されました。

大天使ガブリエルがマリアのもとを訪れ、受胎を告げる場面は、ルネサンス絵画になじみの主題ですが、ヴェネツィアではさらに特別な意味がありました。伝承によれば、ヴェネツィアの建国は421年、受胎告知の祭日である3月25日にさかのぼるからです。

ティツィアーノは、この決定的な奇跡の瞬間を、晩年特有の力強く大胆な筆さばきと、金褐色を基調とする眩惑的な色彩によって、ドラマティックに描出しました。天が開け、まばゆい光とともに、聖霊を表す鳩が降臨するなかで、大天使の出現に驚いたマリアは、身を引きつつも耳元のヴェールをたくしあげ、お告げに耳を傾けています。その足元にあるガラスの花瓶は、マリアの処女性を象徴しています。
ティツィアーノが筆と油絵具を自在に操り、色彩の表現力を最大限に引き出すさまは、当時の批評家から「色彩の錬金術」と評されました。聖なる神の子が人間マリアのうちで生身の肉体を授かる神秘が、この世ならぬ輝きを放つ色彩そのものによってみごとに表出された本作は、まさにその錬金術の極みともいえるでしょう。

第3章 三人の巨匠たち
ティントレット / ヴェロネーゼ / バッサーノ

ティツィアーノに続く世代としてヴェネツィアで活躍したのは、16世紀半ばに画壇に華々しくデビューしたヤコポ・ティントレットと、少し遅れてヴェローナから移住してきたパオロ・ヴェロネーゼでした。

ヤコポ・ティントレット
(本名ヤコポ・ロブスティ)
《聖母被昇天》

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

劇的な明暗表現で宗教画の大作を次々と描いたティントレットと、華麗な色彩と古典的な様式で貴族たちから高く評価されたヴェロネーゼ。対照的な個性をもった二人の画家は、熾烈なライバル関係をくり広げながら、老齢のティツィアーノに代わって世紀後半のヴェネツィア絵画をけん引する存在となりました。

パオロ・ヴェロネーゼ
(本名パオロ・カリアーリ)
《レパントの海戦の寓意》

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

 

ヤコポ・バッサーノ
(本名ヤコポ・ダル・ポンテ)
《玉座の聖母子と聖ヒエロニムス》

一方、ヴェネツィアの内陸領土の町バッサーノ・デル・グラッパでは、ヤコポ・バッサーノが独自の制作活動を展開していました。ジョルジョーネの流れを汲む情緒豊かな田園風景に託して聖書の主題を描き出したバッサーノの宗教画は、首都ヴェネツィアや外国の宮廷でも高く評価されています。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

この章では、これら三人の巨匠たちの大作を中心に紹介されています。

第4章 ルネサンスの終焉
巨匠たちの後継者

1580年代の終わりから90年代の前半にかけて、前章の三人の巨匠が次々に他界していきました。ヴェネツィア絵画は、これら三巨匠のスタイルを受け継ぐ後継者たちの時代となります。

ティントレットの息子のドメニコ・ティントレットや、晩年のティツィアーノとティントレットから大きな影響を受けたパルマ・イル・ジョーヴァネが、ヴェネツィアのルネサンス絵画の最後を飾る画家たちとなりました。

さらに世代の降る画家として、とりわけティツィアーノの画風を模倣したパドヴァニーノがいます。彼の作風は、バロック絵画の始祖とされるカラッチ一族の様式に近い性質ももっており、ルネサンスからバロックへの過渡期を代表しています。

本章では、パルマ・イル・ジョーヴァネの流麗な大型祭壇画や、パドヴァニーノの官能的な神話画など、ルネサンス様式の終焉とバロック様式への移行を示すいくつかの作品を展示します。

「カインとアベル」

ジャニーズ・Hey! Say! JUMPの山田涼介さんが主役の月9のドラマ「カインとアベル」が2016年10月から放映されていますが、このカインとアベルは、旧約聖書『創世記』第4章に登場する兄弟のことをいいます。この2人はアダムとイヴがエデンの園を追われた(失楽園)後に、アダムとイヴの間に生まれた息子なんです。兄のカインが神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛を受ける弟のアベルに嫉妬するという話です。人類最初の殺人の加害者・被害者とされているんですが、ドラマを見ている方は、よくご存知だと思いますが、けっこうドロドロしています。

旧約聖書『創世記』第4章に出てくるカインとアベルをテーマにした絵もこの展示会で展示されています。兄弟の嫉妬、愛への渇望、親に認められたいというのは、いつの時代も変わらないテーマなんですね。

第5章 ヴェネツィアの肖像画

実在の人物の姿を生き生きと記録する肖像画は、ヴェネツィア画派が非常に得意とする分野でした。ヴェネツィアの肖像画は、宮廷風の堅苦しさから自由な、ときにカジュアルで、ときに内面性への深い洞察を含んだ様式を発展させ、その後の西洋美術の肖像画制作のモデルとなっていきます。

この章では、ベッリーニの肖像画様式を反映した15世紀のマルコ・バザイーティの作品から、ジョルジョーネとティツィアーノによる肖像画の刷新に連なるジョヴァンニ・カリアーニの素晴らしい《男の肖像》、ベルナルディーノ・リチーニオの女性像の小品、ティントレットが闊達な筆致で名門貴族の老人を描いた傑作《サン・マルコ財務官ヤコポ・ソランツォの肖像》など、ルネサンス時代全般にわたる質の高い典型的なヴェネツィア肖像画をご覧になれます。

ヤコポ・ティントレット
(本名ヤコポ・ロブスティ)
《サン・マルコ財務官 ヤコポ・ソランツォの肖像》

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

 

ベルナルディーノ・リチーニオ
《バルツォ帽をかぶった女性の肖像》

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

この展示会での魅力は絵画そのものも魅力ですが、絵の額縁にも注目してください。ヨーロッパ絵画の展示会ならではの、豪華な装飾がついた額縁がとっても素敵です。

いろんな額縁が見れるので、それも合わせてご覧ください。

フォトコーナー

展示場から出ると、すぐにフォトコーナーが用意されています。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

マントなどが用意されていてここで写真を撮ることができます。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー
仮面も用意されています。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

仮面は3種類。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

気分はカーニバル!だそうです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー
ヴェネチアに行った気分を味わえます。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

記念に1枚いかがですか?

 

アカデミア美術館とは

アカデミア美術館のコレクションは、ヴェネツィアの美術アカデミーが管理していた作品群を核としながら、14世紀から18世紀までのヴェネツィア絵画を中心に形成されています。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

こちらの特設コーナーで、アカデミア美術館についての映像をご覧いただけます。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

ヴェネツィアに「絵画・彫刻・建築アカデミー」が創立されたのは、まだ共和国であった1750年のこと。しかし、1797年のナポレオン軍の侵攻によって共和国が崩壊し、ヴェネツィアがフランスとオーストリアに交互に領有された18世紀末から19世紀初頭にかけての激動の時代には、アカデミーにも改革の波が及びました。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

まず、共和国時代に公共機関や宗教建築物を飾っていた美術作品の一部がアカデミーに収蔵されるようになります。そして、1805年末にヴェネツィアがフランス支配下のイタリア王国に併合されてから1年余りを経た1807年の2月、アカデミーは「王立美術アカデミー」に改名されるとともに、教育のために所蔵作品を展示することがその使命に加えられました。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,フォトコーナー

これを機に、アカデミーはサンタ・マリア・デッラ・カリタ修道院とその同信会館内に移転し、作品を展示できるように建物の改修が進められ、そして、1817年8月に初めて一般に公開され、アカデミア美術館が誕生しました。

グッズ販売

グッズ販売コーナーです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ販売コーナー

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちの展覧会のカタログも販売されています。

ヴェネツィア派に特化した書籍は少ないので資料性が高いです。会場以外では下記ウェブショップでも販売されています。
2500円(税込)

ポストカード

ポストカードです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ポストカード
全部で24種あり、各150円です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ポストカード

クリアファイル

A4クリアファイルは400円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,クリアファイル

ジョヴァンニ・ベッリーニの《聖母子(赤い智天使の聖母)》の絵柄です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,ジョヴァンニ・ベッリーニ《聖母子(赤い智天使の聖母)》,A4クリアファイル

こちらはティツィアーノ・ヴェチェッリオの《受胎告知》の絵柄です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《受胎告知》,A4クリアファイル

ブックマーカー

ブックマーカーは280円(税込)で、プラッチック素材です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ブックマーカー

マルチクリーナー

マルチクリーナーは800円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,マルチクリーナー

缶マグネット

缶マグネットは5種類。各450円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,缶マグネット

ピンバッジ

マルチクリーナーは4種類あり、各600円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ピンバッジ

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ピンバッジ
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ピンバッジ
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ピンバッジ

プリントポーチ

プリントポーチは2種類あり、各1,600円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,プリントポーチ
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,プリントポーチ

ヤコポ・バッサーノと工房の《ノアの箱舟に入っていく動物たち》の絵柄です。これをポーチにするところがシュールですね。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,ヤコポ・バッサーノと工房の《ノアの箱舟に入っていく動物たち》,プリントポーチ

クッション

本展オリジナル商品のクッションです。各3,300円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,クッション
ティツィアーノ・ヴェチェッリオの《受胎告知》とジョヴァンニ・ベッリーニの《聖母子(赤い智天使の聖母)》の赤い天使をモチーフにした、手触りの良いクッションです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,クッション

お部屋おお洒落なアクセントにいかがですか?

レーステープ

本展オリジナルのレーステープです。各735円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,缶マグネット
パビリオは、細やかなカッティングと色とりどりのデザインが特徴のテープです。プレゼントや手紙やノート、手帳に自由に貼って楽しめます。

全部で4種類あります。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープ

教会や大聖堂、ユリの紋章やお祭りの絵柄が描かれています。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープ

こちらはブルーとイエロー。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープ

デザインの説明は左から天使で始まっていますが、天使の次がサンタ・クローチェ聖堂、そして、フィレンツェのユリの紋章、次の建物がサンタ・マリア・ノヴェッラ教会ワイン奉納のお祭りの衣装→FIRENZEと書いている建物はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂です。

細かく作られていますね。

こちらはピンクとイエローです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープ
左からサン・ジョヴァンニ洗礼堂神の子羊フィレンツェのユリの紋章復活祭サン・ニミアート・アル・モンテ教会で、上にFIRENZEと書かれているところがサンタ・トリニータ橋です。その後、またサン・ジョヴァンニ洗礼堂に戻ります。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープ

こちらは背景がカラーのシールです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープ
こちらもヴェネチアの街の建物や有名なもの、名物が描かれています。

このようにギフトの包装に装飾するだけでお洒落になります。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープでギフトの包装に装飾している様子

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープでギフトの包装に装飾している様子
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,レーステープでギフトの包装に装飾している様子

ICカードケース

ICカードケースです。1,800円(内税)で受胎告知と聖母子のデザインです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ICカードケース

ストラップ

ストラップには天使の羽がつけられています。1298円(税込)
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ストラップ

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ストラップ

グラス

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,グラス

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちの展覧会の作品に描かれている模様を、デザインのモチーフにした、透け感が涼しげなグラスです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,グラス

背景や祭壇の模様をアレンジしています。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,グラス
こんなストーリーのあるグラス、素敵ですね。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,グラス

飲み物を飲むだけでなく、ペン立てやキャンドルホルダーとして使用しても素敵です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,グラス
キャンドルを灯すと、模様がまわりに映し出されてとっても幻想的になります。癒しのひと時を演出してくれます。クリスマスの装飾にもぴったりですね。

マグカップ

マグカップ 1,200円(税込)
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,マグカップ

ギフトとして誰かにプレゼントしやすい絵柄です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,マグカップ
こちらのショップではギフト用のラッピングのサービスはされていませんので、ご注意ください。

ショルダートートバッグ

ショルダートートバッグ3,600円(税込)です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ショルダートートバッグ

ティツィアーノ・ヴェチェッリオの《受胎告知》の天使と鳩をモチーフにしたデザインのショルダートートバッグです。手で持てる持ち手と、肩にかけられるショルダーストラップが付いているので、その時々で持ちやすいように持てるのが便利!内ポケットもついていて、スマホや鍵などを入れることができるので、使いやすいのも嬉しい。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ショルダートートバッグ
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ショルダートートバッグ

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ショルダートートバッグ

こんな風に肩にかけて使います。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ショルダートートバッグ青

Tシャツ

こちらはTシャツです。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,Tシャツ

ティツィアーノの《受胎告知》の鳩が赤色の糸で胸の部分に刺繍が施され、アクセントに。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ティツィアーノ・ヴェチェッリオの《受胎告知》の鳩の赤色の刺繍がついた紺と白のボーダー柄のTシャツ

ヴェネツィアなので、ゴンドラに乗ったときにいるこういう人のイメージから作られたんでしょうね。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ヴェネツィアのゴンドラ

こちらは《受胎告知》の天使と鳩の絵柄がプリントされています。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,《受胎告知》の天使と鳩の絵柄がプリントされたグレーのTシャツ

シンプルでおしゃれですね。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,受胎告知》の天使と鳩の絵柄がプリントされたグレーのTシャツ

パズル

パズルもあります。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,パズル

ジョヴァンニの《聖母子》のパズルです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ジョヴァンニの《聖母子》

こちらはヴェロネーゼの《レパントの海戦の寓意》の絵柄です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ヴェロネーゼの《レパントの海戦の寓意》のパズル

仕上がりはこのようになります。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ヴェロネーゼの《レパントの海戦の寓意》のパズル

ティントレットの《聖母被昇天》の絵柄です。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,ティントレットの《聖母被昇天》のパズル

イタリア ポストカード

種類は3種類あり、そのうちの1つはイタリアの猫のポストカードです。各497円(税込)。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,イタリアの旅 ポストカード

こちらはイタリアの絶景と名所のポストカードです。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,イタリアの絶景と名所のポストカード
見ているだけでヴェネチアに行きたくなってきます♡
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,グッズ,イタリアの絶景と名所のポストカード

他にも、お土産用にお菓子などもあります。ぜひ、ゆっくりご覧になって、お買い求めください。

「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」

国立国際美術館では、1967年より関西を拠点に活動するプレイの個展「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」が開催されています。

THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ

プレイとは、「行為」に取り組み続ける唯一無二の美術家集団です。

かたちに残る何かを「作る」のではなく「体験する」この集団は、メンバーで集まって企画を練り、準備し、実行し、報告することを実に50年近く続けてきました。プレイにとって美術館での初個展となる本展は、印刷物・記録写真・記録映像・音声記録・原寸大資料などにより、その活動の全貌を展覧する試みです。

プレイ THE PLAY

関西を中心に1967年から活動。現在プレイとして活動するのは池水慶一、小林愼一、鈴木芳伸、二井清治、三喜徹雄の5名。メンバーは流動的で、何らかのかたちでこれまでプレイに参加した人の数は100名を超える。発泡スチロール製のイカダで川を下る、京都から大阪へ羊を連れて旅をする、山頂に丸太材で一辺約20mの三角塔を建て雷が落ちるのを10年間待つなど、自然の中での「行為」を計画し、実行し、その体験を日常に持ち帰ることを繰り返しています。

THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ

館内に大きな三角塔が登場!
THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ

プレイ展は撮影OKだそうです。
THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ

イベント情報

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

開館時間
10:00~17:00、金曜日は19:00まで (入場は観覧終了時間の30分前まで)
休館日
月曜日、12月28日(水)~1月4日(水)(ただし、1月9日(月・祝)は開館し翌日休館)
観覧料
一般 1,500(1,300)円
大学生 1,200(1,000)円
高校生 600(400)円
※( )内は前売・団体料金/団体は20名以上/中学生以下無料
※心身に障害のある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)。
※本料金で、同時開催の「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」もご覧いただけます。
※前売券は、7月15日(金)から10月21日(金)までの販売

ヴェネツィア絵画の歴史のなかでルネサンス期に焦点を絞った展覧会は、国内ではほとんど例がありません。この貴重な機会に、水の都ヴェネツィアのルネサンスを彩った名画の数々を、ぜひご堪能ください。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち,

 

(Visited 56 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
error: Content is protected !!